フロアコーティングでフローリング床を守る

subpage1

新築のマンションや一戸建て住宅を購入する時には、一緒にフロアコーティングする事がおすすめになります。フロアコーティングは何かと傷付きやすいフローリングの床を、傷付きにくく、汚れにくくする効果があります。
ワックスとの違いは耐久性の長さにあります。



自分で行うワックスは一年に一度、塗り直しをしなければなりませんが、フロアコーティングは数年から数十年、綺麗なフローリングを保つ事が可能です。

家具を動かしたり、ワックスを剥がし、再びワックスを塗る作業を頻繁にしなくても良いのが一番メリットになります。また、ワックスを施した床は濡れ雑巾で拭くとワックスが剥がれたりしてしまうのに対し、フロアコーティングは濡れ雑巾などで手軽に掃除をする事が出来ます。
その他、お年寄りや子ども、ペットを飼っているご家庭にもぴったりで、滑りにくくなったり、ペットの爪や物を落とした時になど細かな傷が付きにくくなっています。コーティングするので、フローリングがカフェ等の施設の様にピカピカにする事が出来ます。



ピカピカする床がお好みではない方は、光沢を抑えたタイプもあるので、お好きな光沢を選ぶ事が可能です。


その他、年数や種類、予算によって、コーティングを選べるのも魅力です。

ワックスは自分で行う事が出来、ワックス剤も安価ですが、フロアコーティングは専門の施工業者に頼む必要があります。


その為、ワックスと比較してしまうと、割高になってしまうのがデメリットになります。