フロアコーティングの種類毎の特性について

subpage1

フロアコーティングは、住宅や商業施設、店舗などの幅広い建物のフローリングの傷や汚れ防止に有効な施工方法となります。

傷や汚れから守る効果だけでなく外観上も美しくなるメリットがあります。

そんなフロアコーティングは、数種類に分かれておりそれぞれ特性や効果が異なります。


まずは、ワックスですが最もコストが安価で施工も簡単です。

コーティングのような保護性能は低いものの床表面の艶をしっかりと出す事が出来ます。


耐久性が無いため塗り直しが必要となります。

次にシリコンコーティングは、耐薬品に優れている保護材となります。


耐久性は、およそ10年で床面の他にトイレやお風呂、キッチンといった水廻りに採用されています。



ウレタンコーティングは、ウレタン樹脂を原材料としたコーティングで耐久性はシリコンと同等です。



摩擦に対して最も強い性質を有しています。



ガラスコーティングは、最も硬い皮膜を形成出来ます。

耐用年数は、20年程度と長く効果を持続します。

表面が非常に硬いため擦り傷や摩擦に強いです。また、撥水効果もあるため水などをこぼしても簡単に清掃が出来ます。


最後にUVコーティングは、近年では最も人気を集めているコーティングです。特殊な樹脂に紫外線を照射する事で硬く耐久性のある皮膜を形成します。


耐久性が高く20年以上、効果を発揮出来るのです。
以上、フロアコーティングには様々な種類が存在します。

目的や効果、予算に合わせた施工をする必要があります。