ワックスとは異なるフロアコーティングのメリット

subpage1

フロアコーティングとは、コーティング剤で床を保護することをいいます。

床は人が歩いたり家具を移動したりすることで、傷や汚れがつきやすくなります。


その傷や汚れを最小限に抑えてくれのがフロアコーティングです。
とはいえ、ワックスとの違いやどのようなメリットがあるのかわからないという人もいるのではないでしょうか。
フロアコーティングがワックスと違うのは、強力で高い耐久性がある塗料を使用する点です。
ワックスよりも床に傷がつきにくく、耐水性にも優れているというメリットがあります。
基本的にフローリングは水拭きは行えませんが、コーティングをすれば可能になります。



そのため、ジュースなどをこぼしても水拭きをすればすぐに汚れを取り除くことができ、簡単なお手入れできれいな状態を保つことが可能です。



また、フロアコーティングをした床はピカピカになり、光を反射するので、部屋が明るくなるというメリットもあります。



最低でも10年は新築のきれいな床の状態を保つことができるので、毎日気持ちよく過ごすことができます。

コーティング剤には様々な種類があり、床の種類や好みによって選ぶことが可能です。
ツヤをあまり出したくない場合や、臭いが気になる場合など、ニーズに合わせて利用できるというメリットもあるでしょう。

フロアコーティングをすればきれいな床を長く保つことができます。

床の汚れや傷が気になるという人は一度利用してみてはいかがでしょうか。