フロアコーティング施工の種類別のメリット

subpage1

住宅をはじめ商業施設や店舗のフローリングを長く良好な状態に保つ手段がフロアコーティングとなっています。


フロアコーティングには、複数の種類がありそれぞれ特徴を持っています。


まずは、ウレタンコーティングですが摩擦に対して非常に強い性質があります。


水溶性の樹脂のため施工段階での臭いが無く艶も控えめとなっています。
耐用年数は、およそ10年前後の効果が見込めます。次にガラスコーティングですが、原材料がガラスで、非常に硬い皮膜が作られます。



耐水、撥水性にも優れ耐用年数は20年と非常に長い効果があります。
次にシリコンコーティングですが、薬品に対して強い性質があります。


フローリングのみならずキッチンやトイレにも施工されている特徴を持っています。


耐久性は10年程度となっており、ウレタンコーティングと同等の効果が見込めます。



次にUVコーティングですが、外観に艶が出て非常に美しい見栄えとなります。耐用年数は、フロアコーティングの中でも最も高く20年以上となります。


保護性能、耐久性にも優れておりグリップ力もあるため転倒防止にもなります。
塗り直しも可能な為、非常に万能なフロアコーティングとなっています。



次に最も簡易的な施工でワックスがあります。

フローリングの保護目的ではなく艶出しが主な目的となっています。
フローリングの傷は防止出来ませんが、安価なコストで床の艶出しが出来るメリットがあります。
以上、フロアコーティングには様々な種類と特徴があるのです。